土地区画整理事業 仮換地の保留地負担割合ある売買契約について土地区画整理

土地区画整理 仮換地の街区番号での保留地負担(%)ある売買契約の媒介では、仮換地と街区番号の理解から始まります。

土地区画整理では減歩された形で宅地造成されても、街区番号では細かな数字に誤差が生じており、誤差分を地権者と自治体の間で清算されます。

保留地負担ある仮換地の地権者と自治体との間で街区番号毎に一種の共有持分の概念が生じているそうです。

仮換地の地権者に対して保留地負担があるという事は、その街区番号に係る土地は自由に売却できる訳では無く、仮換地の地権者にとって一部は他人物の売買に該当する考えだそうです。

地権者が保留地負担が含まれる土地を含んで建築工事に着工するのは、民法の共有の管理行為を超える理屈だそうです。

街区番号の中で保留地負担に抵触していない事を示した図面と計算式は地権者が用意し、自治体の担当部署の説明をもとに議会で先生方から承認を得られる事で、自治体に清算金を納付して自己所有地にするか又は保留地負担の面積は対象から外します。

自治体は国土交通省の地価公示を参考にしていました。

引っ越しで所有土地を離れた人にとっては、所有者として固定資産税を払い続けなければならず、一方で土地区画整理によって消防法などの観点からも隣地と一定の距離を保たれ、綺麗に区画整理されて新しい宅地が生まれた土地を取得して住んでみたいというニーズも生まれます。

仮換地の地権者は土地区画整理における自治体と打ち合わせをせず、街区番号に内在するかもしれない制限に目を通さずとも、仮換地での売買契約や分筆登記自体はできるかもしれません。但し、街区番号に存する保留地負担に抵触せず、かつ、建蔽率・容積率を理解しなければ、経済上、以後の土地利用に大きな損失を生じます。

土地区画整理事業 仮換地の保留地負担割合ある売買契約について

(c)大西  啓貴