参考)H28年 経済産業省及び国税庁;生産性向上設備投資促進税制 A類型(先端設備)「建物附属設備」/ 日射調整フィルム 補足;建物附属設備に係るため、建築窓用硝子飛散防止フィルム(JIS;A5759)   建物附属設備に関する減価償却資産の耐用年数等に関する省令や固定資産評価基準について、お客様との打ち合わせを大切にする建築会社・不動産会社と契約を結んで下さい(教育機関;(株)ECOP 受講者;大西啓貴 私は消防法、建築基準法、減価償却資産の耐用年数等に関する省令や固定資産評価基準は、受講会場に伺い、学んでいます)。減価償却資産の耐用年数等に関する省令に建築用硝子自体の法定耐用年数が規定されないのは、物理の性質を考えて下さい。「硝子フィルム  不燃」で検索する方は、国土交通省告示第1178号(旧建設省告示1400号)とポリエチレンテレフタレート(PET)基材の関係を理解下さい。

会計事務所の一部では国の政策を確かめず「60万円未満は資本的支出と修繕費の形式基準に基づき修繕費で済む」と流布するのはお控え下さい。国は建物の建具・硝子を財務省;減価償却資産の耐用年数等に関する省令  別表第一「建物」(国税庁  耐用年数の適用等に関する取扱い通達2-2-5、国税不服審判所  裁決事例集No.39-201頁)、他方「建築窓用硝子飛散防止フィルム」を 財務省;減価償却資産の耐用年数等に関する省令  別表第一「建物附属設備」(前掲のもの以外のもの及び前掲の区分によらないもの(その他のもの)、H28年度  経済産業省及び国税庁  生産性向上設備投資促進税制、日射調整フィルムは日よけ設備に含まない(日射遮蔽ルーバー、外付ブラインドのこと)。

国税庁は 耐用年数の適用等に関する取扱い通達 2-2-5 において、減価償却資産の耐用年数等に関する省令に係る減価償却資産の区分が異なるものを一括りにした資本的支出の申告を否定する。財務省;減価償却資産の耐用年数等に関する省令  別表第一「建物附属設備」に係る固定資産は、不動産管理規約に従い、業務の用に供する建物・業務の用に供しない建物を問わず、施設の管理責任者、マンション管理組合法人、賃貸不動産の管理会社へ届出を必要とします。私は昔、これを財務省令別表第一「器具及び備品」としていました。建物からは独立・可分していないのに。お客様の側はフィルム施工会社が纏めた提出書類から、総務省、財務省、国土交通省、経済産業省などの法令を遵守している事の理解を得ます。

JIS規格;A5759の建築窓用硝子フィルムとして定める用途は、① 日射調整、② 低放射、③ 衝撃破壊対応硝子飛散防止、➃ 層間変位破壊対応硝子飛散防止、⑤ 硝子貫通防止、の計5つ。これら5つは硝子フィルムの基材によって作用します。他方、紫外線低減(UVカット)は硝子フィルムの糊の部分によって作用します。

JIS規格:A 5759に適合する製品は、JIS規格:A5759の効果を得るためのフィルム施工ルールを守り設置することで、③ 衝撃破壊対応硝子飛散防止フィルム又は ➃ 層間変位破壊対応硝子飛散防止フィルムとして機能する。BCP(事業継続計画)の観点からは、復旧に時間と多額の費用を要する他、地域の避難所としての機能を失う。代替施設は簡単には得られない。

財務省;減価償却資産の耐用年数等に関する省令  別表第一「建物」と解される開口部の「建具・硝子」(参照;国税不服審判所  裁決事例集No.39-201頁)には毀損が無い状態にあって、”  国税庁  基本通達・法人税法7-8-2「修繕費に含まれる費用」 ~  当該固定資産の通常の維持管理のため、又は毀損した固定資産につきその現状を回復する ~  ” の要件が見当たらないのに、

② 他方、財務省;減価償却資産の耐用年数等に関する省令  別表第一「建物附属設備」と解される建築窓用硝子フィルムに対して、国税庁  基本通達・法人税法7-8-2「修繕費に含まれる費用」や「資本的支出と修繕費の形式基準判定」での「修繕費」の要件を持ち出す理由は何処から来るのだろう?

・建築窓用硝子飛散防止フィルム設置には、建物外周の現地調査を含め、無窓階審査基準、国土交通省;建築基準法施行令第126条の7総務省;消防法施行規則第5条の3を確認する。

・総務省外局消防庁「防炎規制における防炎対象物 」の確認、総務省;消防法第8条の3同施行令第4条の3第3項同施行規則第4条の3第2項第1号乃至第7号

・国土交通省 ;建築基準法第2条第9号建築基準法施行令第108条の2  その他(不燃性能及びその技術的基準)

(教育機関;(株)ECOP 受講者;大西啓貴 消防法、建築基準法、減価償却資産の耐用年数等に関する省令や固定資産評価基準は、受講会場に伺い、学んでいます。)

素材が持つ物理の性質を考える。法令と読み比べて、どうですか? 不燃材料、準不燃材料、難燃材料  建築窓用硝子飛散防止フィルム(JIS;A5759)の基材はポリエチレンテレフタラートです。

  1.   総務省;地方税法第388条第1項に基づく固定資産評価基準「償却資産」とは、土地及び家屋以外、事業の用に供する事ができる資産で、その減価償却額又は減価償却費が法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上、損金又は必要な経費に算入されるものをいう。
  2.   財務省に係る固定資産の範囲;法人税法施行令第12条所得税法施行令第5条
  3.   財務省による減価償却資産の範囲;法人税法施行令第13条所得税法施行令第6条
  4.   財務省;減価償却資産の耐用年数等に関する省令 昭和四十年大蔵省令第十五号固定資産の耐用年数等に関する省令(昭和26年大蔵省令第50号)の全部の改正)を読み取ります。

建築窓用硝子フィルム設置を外付けブラインドに含まないのは、H28年  経済産業省・国税庁  生産性向上設備投資促進税制に明示されています。法定耐用年数8年とすると国の政策と齟齬が生じます。

新たな固定資産の取得である資本的支出( 国税庁  基本通達・法人税法7-8-1 )は、他方、帳簿に修繕引当金が計上されていても、資本的支出と収益的支出( 国税庁  基本通達・法人税法7-8-2 )を混同しない。お客様は契約を結んだ会社から説明された事でしょう。資本的支出と修繕費の形式基準に無い概念は、固定資産廃棄損です。古くなった固定資産の取り外しを要して廃棄処分し、時系列上、固定資産廃棄損として処理した後、新たに取得した固定資産は資本的支出です。補足;収益的支出なら罹災証明書や刑法;器物損壊罪を受けた事で損害保険会社から支払われた保険金など、形式判断できる保管書類を確認のうえ、自治体及び税務署へ確認下さい。

行政上の参考;(旧 建設省通達)一般財団法人日本建築防災協会 硝子を用いた開口部の安全設計指針

”  2002年から2005年前後に竣工された公共施設等、その時期に設置された無色透明な建築窓用硝子飛散防止フィルムを2023年の時点に(財務省令に基づいた法定耐用年数(通常の効用持続年数)の規定ではなく)物理的耐用年数の目安として見た場合、1枚の硝子フィルム表面のうち3割程度の面積に、フィルムの気孔を通じて生じたであろう水分を含んだシワを見られる事が多いです(方角;南)。なお、公共施設に設置されている建築窓用硝子飛散防止フィルムを目視する限り、施設の竣工時期を考えれば、フィルム基材厚は50マイクロメートル以下を採用しているようです。”

建築窓用硝子飛散防止フィルム設置は、既に毀損している建具・硝子の修繕ではなく、通常の維持管理でもない。会計上の耐用年数と税務上の法定耐用年数が一致しない場合は、日商簿記2級の商業簿記で学ぶ減価償却に係る税効果会計を確認する(減価償却に係る会計と税務の差異発生)。税法で認められる償却額を超過した分は、税法上の費用である損金に算入する事はできず、会計上の利益に比べ、税法上の利益である課税所得が増加します。ex、建築窓用硝子飛散防止フィルム設置は硝子への内貼り施工が原則です。外貼り可能飛散防止フィルム使用による外貼をした物理的耐用年数の目安では、財務省令の法定耐用年数の規定よりも3~5年程度短くなります。この部分には日商簿記2級の商業簿記で学ぶ減価償却に係る税効果会計が生じます。お客様は契約を結んだ会社から説明を受けた事でしょう。

補足;学校法人会計基準(第26条第2項  減価償却方法;定額法)、医療法人会計基準などの減価償却手続;財務省;減価償却資産の耐用年数等に関する省令  ・学校法人会計では企業会計に無い勘定科目の第1号基本金並びに資金収支計算書の施設関係支出等を確認下さい。

※ 下の画像をご覧ください。埼玉県越谷市で硝子飛散防止フィルム設置の無い建物が竜巻による被害を受けた事例。BCP(事業継続計画)の観点からは、復旧に時間と多額の費用を要する他、地域の避難所としての機能を失う。代替施設は簡単には得られない。

文部科学省

自治体と学校の関係で、文部科学省は「竜巻からの学校の安全」の政策に建築窓硝子飛散防止フィルム設置を明示する。

  • 学校法人会計では企業会計に無い勘定科目の第1号基本金及び資金収支計算書の施設関係支出等の要件を確認していただきますが、資産として計上を行う際に法定耐用年数(通常の効用持続年数)及び償却率・保証率の規定が必要な場合は 財務省;減価償却資産の耐用年数等に関する省令 に基づき適用するのは企業会計と同じです。

平均風速(m/s)を時速(km/h)に換算する場合は、風速に3.6の係数を掛ける。風速を時速に換算すると、風速30m/sの時速は108km/h、 風速40m/sの時速は144km/h、風速50m/sの時速は180km/h程度になる。風速が50m/s 程度にも強まれば、重さ20㎏前後の自転車でも浮きあがって吹き飛ばされます。建具の窓にかかる風圧や飛来物等の危険に対して、一般的な建物で使われるガラス板の厚みは1枚あたり3mm又は5mm。

SDGS・BCP  建築窓硝子飛散防止フィルムの勘定科目・法定耐用年数(税務関係)

(c)大西  啓貴

総務省;地方税法第388条第1項に基づく固定資産評価基準(固定資産税;固定資産の所有者に課される地方税)

財務省に係る固定資産の範囲;法人税法施行令第12条所得税法施行令第5条

財務省による減価償却資産の範囲;法人税法施行令第13条所得税法施行令第6条

財務省;減価償却資産の耐用年数等に関する省令(昭和四十年大蔵省令第十五号)