LowーE複層ガラス樹脂サッシと室内温度の測定の一例(明け方の最低気温氷点下6℃ デジタルの温度計によるデータです。) 

一般住宅の工務店の社長も、「(外部建具)樹脂サッシの耐用年数? 30年以上は持つよ」とします。その言葉を整理すると、財務省;減価償却資産の耐用年数等に関する省令  別表第一「建物」、合成樹脂造、細目;住宅用に、業務の用に供さない建物として1.5の係数を使います。お客様の建物は、どのような用途、細目で使っていますか?

  • 測定環境;省エネ基準地域区分  3地域、床下暖房設備の無い高気密高断熱の木造構造戸建住宅。測定当日の夜8時ごろに暖房をストップした。室内温度の測定場所はトイレの窓。トイレには暖房は無い。写真1月27日の最高気温はプラス2℃前後。※ 窓の結露にもご注目ください。

上記、時刻20:00、室内温度13.2℃

上記、時刻0:00、室内温度11.1℃

上記、時刻4:00、室内温度10.4℃

上記、時刻7:55、室内温度8.3℃

上記の写真から、カーテンを使わなければ、LowーE複層ガラス樹脂製サッシは窓の結露が少ないのが分かります。

下 )一般的に「LowーE複層ガラス樹脂サッシの窓は結露を生じない」と言いますが、夜間にカーテンを閉めていると、翌朝、サッシやガラスの下側に結露は生じます。写真は、普段、暖房を使わない部屋です。住宅の場合、冬季に24時間、絶えず暖房を使い続けることは無く、国による公的な試験方法ではカーテン使用を想定していないだろうし、ユーザーにはカーテンを使わないでと言えないし・・・。

一般的なアルミサッシと比べて、① LowーE複層ガラス樹脂サッシの窓は隙間風が少ない、② 太陽の日差しや暖房の熱によって窓の結露が乾きやすい、といった特徴も見られます。但し、普段は使用せず、暖房を使わない部屋では、外気温度との関係で窓が凍って開かなくなる事はあります。

 

窓の資産区分、耐用年数・償却率は、総務省並びに財務省が根拠を規定します。

財務省;減価償却資産の耐用年数等に関する省令  別表第一「建物」は、不動産登記の表題部に記録される建物の構造部材(構造躯体の素材)並びに屋根材に限定解釈されていない(建物の構造部材並びに屋根材に合成樹脂は無い。法務省;不動産登記規則第114条)。国税庁は財務省の外局。減価償却資産の範囲は、財務省  法人税法施行令第13条財務省  所得税法施行令第6条 で法定化され、国は建物の開口部に建て込まれる建具を 財務省;減価償却資産の耐用年数等に関する省令  別表第一「建物」(参照;「合成樹脂造、木造、金属造(肉厚)」の各細目の耐用年数、償却率;別表第八  定額法)、並びに建物の固定資産税(租税公課)の課税客体を評価する 総務省;地方税法第388条第1項に定める固定資産評価基準  家屋 の「建具」区分とします。建具の「素材」は、「樹脂製」「金属製」の建具は経済産業省が所管するJIS規格、「林産物」は農林水産省が所管するJAS規格と紐づきます。国は 国税庁法令解釈通達  耐用年数の適用等に関する取扱通達  建物附属設備 2-2-5 で、建物の開口部に建て込まれる建具を 財務省令  別表第一「建物附属設備」とするのは否定する。総務省;固定資産評価基準  家屋「建具」区分は、建物の開口部に建て込まれても「柱・壁体、主体構造部」区分や「建築設備」区分にはならない。