SDGs;台風対策 カーテンにガラス割れ飛散防止は無い

カーテンによるガラス飛散防止について産業標準化法に基づく日本産業規格(JIS規格)に根拠は無い。あなたが防災士の類ならば公的根拠に基づいた判断を行って下さい。写真でのガラスの割れ方を見て分かるように風圧でガラスは割れる。暴風対策は建物が破損する瞬間2~3秒の事象に対してではない。台風では到達から通過するまでの間、繰り返される暴風や豪雨に3~4時間も耐えられるのか?

台風により店舗を臨時休業する事業主は、レジから現金を取り出して金庫に保管する。台風ではないけれど、東日本大震災では避難している間にレジから現金を盗まれた店舗もありました。

あなたの地域で予測される平均風速と最大瞬間風速は何メートルですか?それは何日の何時ごろに到達する見込みですか? 平均風速(m/s)を時速(km/h)に換算する場合は風速に3.6の係数を掛ける。風速を時速に換算すると、風速30m/sの時速は108km/h、 風速40m/sの時速は144km/h、風速50m/sの時速は180km/hにもなる。風速が50m/s 程度にも強まれば、重さ20㎏前後の自転車でも浮きあがって吹き飛ばされます。風圧による飛来物の危険に対して、一般的な建物で使われるガラス板の厚みは3mm又は5mm。

避難先となるホテル等の宿泊施設を含め、台風は気象予報で事前予測がつけられるため、① 手の届く範囲に靴・長靴と懐中電灯を置く。② ベランダに物を置いている人は、室内に移動する。それが出来なければ横にして寝かせる。③ お風呂の浴槽に生活用の水を貯める。停電で断水する事もある。トイレは停電で断水するタイプ? ④ 前もって携帯電話などの充電を終わらせる。⑤ ガスの元栓を締める。

災害によって毀損したガラス窓やドアにブルーシートをかけただけで避難するのは、その建物には防犯性は無く侵入窃盗をされやすい建物である事を住民自らアピールしていると指摘されています。

窓サッシの左右が重なる部分の隙間は横方向からの水圧に弱く、雨水が侵入する事もある。風向きは常に一定ではない。台風通過の最中にやむを得ず避難を選択する場合、階段の踊り場や廊下は、窓サッシの隙間から侵入した雨水で足元が滑りやすくなる。また、建物の経年劣化で鍵の掛かりが悪い(浅い)まま使い続けるドアも多いですが、それだと風速25m/s 前後もあれば風圧で鍵が外れてドアが勝手に開いてしまう事がある。

あくまでも大型台風への応急措置として紹介された窓ガラスに養生用テープを貼る方法の手順として、① 窓枠とガラス板の両方にかかるように上下左右4辺全体に貼る。次に ② 十字方向全体に貼る。これも窓枠にまでかかるようにする。次に ③ 対角線上の×方向全体に貼る。これも同じ。  ① ② ③ (窓の大きさによっては適宜追加)の全てを行うように紹介された後、お店では養生テープの品切れが相次いだはずなのに、実際に目にしたのは、②の十字方向だけ 又は、③の対角線上の×方向だけといった、紹介した手順を守らない意味の無いものです(養生テープの購入制限があったら、ごめんなさい)。養生テープを剥がす際にガラス板に糊が残っている場合は、シール剥がし剤を使えば糊は落とせます。

万が一、建物の中に入り込んだ暴風によって屋根や天井が吹き上げられないないように、暴風が入り込んでいる窓の反対側の壁の窓を開けて風圧を分散できるような動線の確保も準備して下さい。